知って得する情報|英語力を付けて本格的な国際コミュニケーション

様々な対策方法

TOEIC対策について

TOEIC対策として簡単に始められるのは独学で勉強する方法です。参考書や問題集を使い朝活や通勤・通学の時間を利用するなど、自分で勉強を進めていく方法です。これは高いモチベーションがあり、ある程度自分に厳しく勉強を進めていく必要があるでしょう。 自分では勉強の方法がわからない場合があります。そんな人のTOEIC対策は、スクールを利用するのがいいでしょう。会社の近くや最寄り駅の近くであれば通学するのも難しくないでしょう。決まった時間にその場所に行けば、講師の先生がついて授業を進めてくれます。わからないことがあってもその場で質問し解決することができます。初めてTOEICに挑戦する初心者にはこちらの方法がおすすめです。

対策にかかる費用を比較

独学で勉強する場合、問題集や単語帳といった教材が必要となってきます。書店に行けばたくさんのTOEIC対策本が並んでいます。CD-ROMなど音声がついているものはリスニング対策にもなるので、そういったものを選ぶといいでしょう。金額は1000円以下のものもあれば、公式問題集などは3000円ほどかかります。いずれにしろ1冊では足りませんので数冊準備するとなると1万円くらいかかるでしょう。 一方、スクールでの学習を考える場合は「TOEIC対策」と名前の付いたコースが準備されています。スクールでは入会金・受講料(月会費)・教材費などがかかってきます。トータルで数万円〜数十万円かかるスクールもあるようです。 また、最近ではスカイプを利用した講座もあるようです。これは数百円〜とお手頃な価格になっているようです。